傑族構成・稽古場日記

神奈川県大磯町より発祥した社会人劇団「傑族構成」の活動を伝えるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

傑族構成第弐回本公演「スターライトスカイ」公演終了

前日の23時すぎ、主宰の家からタウンエースいっぱいのガラクタみたいな
キモチのカケラを自宅に運ぶ道すがら、
東の空から上り始めた赤くて大きな下弦の半月。
きっと何かを暗示していたんだろうけど、
それが何かはさっぱりわからなかった。

そして賽は投げられた。

ところで、「いい歳こいて・・・」の「いい歳」ってどの位をさすんだろう。
そしてそれに続く言葉にこめられた思いとは。

傑族構成第弐回本公演「スターライトスカイ」。
無事に終了いたしました。

タイトなスケジュールにも文句を言わずに惜しみない協力をくれた方々、
お忙しいところ、時間の調整をして観に来てくれたお客様、
それ以外にも陰に日向に応援してくれている皆様、
本当に本当にありがとうございました。
沢山の差し入れ、お祝いもありがとうございました。

いろいろ思うところがあり、
あぁこれが「万感」というんだなおもいつつ、
昨日今日を振り返って気づいたこと。それは、
俺ら「いい歳こいて未だにちゃんと生きている。」ということ。

明日からもいい歳こいてちゃんと生きていこう。
まずは取り急ぎ略儀にて。

スポンサーサイト
  1. 2014/11/17(月) 03:28:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっと届くHB

I am GOD'S CHILD この腐敗した世界に堕とされた
How do live on such a field? こんなもののために生まれたんじゃない

だとしたら、何のために生まれたというのか。
沢山のことに苛まれ、流され、気づいたら今いるここ。
ふと振り返ればまたここに戻ってきている。
1年、2年、3年。無為に過ぎてゆく時間の尊さに覚える憎悪。

本当に望んでいるのかな。元に戻ることなんて。
わからない。わからないけど、今の僕にできることは
ふと思い出しては静かに祈るだけ。

いったい何を祈っているんだろう。。。成長?愛情?平和?転生?
自ら投げかけるその疑問の解はいつだって、「エゴ」。
そんな得体の知れないもののせいにして、また忘れたフリ。

誰だって、そんなことの一つや二つ抱えているんだろ。
そう言い聞かせて、偽物の安らぎを手に入れる。
作り出した闇。トパーズの鈍い輝き。

ありふれたレミニセンス。

喜ばれないギフト。





というわけで、目の回るようなバタバタ感に煙のゲンコツ。
ふと雲の合間を縫って見える少しだけ欠けた月。あともう少し。
あとちょっとだけ足りないのは、きっと傑族構成の制作。
Dで始まりIで終わるセンチメンタリスト。制作Dでございます。


さて、公演まで10日をきり、あとは1mmのこだわりと虫けらの根性。
会場でお会いしましょう。しーや。

  1. 2014/11/07(金) 02:15:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拍子抜け、ひょーしぬけ!

秋の雨。
忍び寄る嵐と寂寥の追憶。
水を撥ねる大きなタイヤと黒いアスファルト。
もう何度も通り過ぎてきたはずなのに、その移り変わりに驚く。
救急車のサイレンが遠く。ひたすら遠く。。。


ご機嫌いかがですか。
傑族構成 制作Dこと加藤清司郎です。
ついさっきこの雨の中、コンビニで傘盗まれました。
僕のビニール傘がどういう形であれ、誰かの役に立ったんだと思うと、
ほんの少しだけうれしい気持ちになります。嘘ですが。

さてさて今日は皆さんにとびっきりのご報告。
傑族構成再結成後奇跡の告知。今回は本当にやります。本公演。


傑族構成 第2回本公演 「スターライトスカイ」

作・演出:守屋剛
日時:2014年11月16日(日)(13:00〜、17:00〜)
場所:山王FOREST @大森
料金:2000円
出演: 佐々木絵梨子(四ッ葉屋) 守屋柔


詳細はまた決定次第おって連絡しますが、まずは取り急いで皆様に告知を。
ということで、マジで万障とかお繰り合わせの上、よろしくおいでくださいますよう。

まぁね、皆さんも同じなんでしょうけど、あれやこれや忙しいじゃないですか。
今考えてみれば3年くらい前に忙しい忙しいって行ってた時期の方がよほど余裕のある
スケジュールでいけたんでしょうけどね。

「暇だから演る」んじゃなくて「とにかく演る」。
ふとそんなこと話してたらちゃんと実現できました。

僕も近頃巷で流行の「ため息の多いお年頃」をやっていたんですが、ちゃんとギア入れていきます。
タイトな日程ながらも稽古も順調にすすんでいて、だいぶ仕上がってきています。
しばらくお会いしていない方々とも劇場でお目にかかれることを。

言っちゃっていいですか?久しぶりに。

震えて待て!
  1. 2014/10/06(月) 02:15:57|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蠢動

栄枯盛衰はこの世の常。

この街によく似合う店。そういう意味で妙に活気づいたとある中華料理屋で聞く風の噂。
自分とは違う世界。秒速でなんぼか稼ぐ男の凋落ですら別段驚きもしないのだし。。。

何度か通ってたけど、あるときその店の常連な知り合いにたまたま会って、
店員さんに紹介されただけで、出してくれる焼き豚とメンマ。

一言で「価値観」って言ってしまえばそれまでのこと。

注意深く観察していれば見える、ていたらくな日常と無限の可能性の交差。
いつもよりもう一歩踏み込んだ瞬間に、見えてくる別の顔、別の香り、別の世界。

ブルーレットの彼方に消し去ろうとする僕らが嫌うありきたりな日常は、
自らの極めてまともな論理で、極めて妥当な手続きで作り出していて、
間違いなく僕たちが表面的に望んでいる理想郷への1ステップだったはずで、
作り出して形にしては、たちどころにそれを否定する偏屈な芸術家。
計画性のないマッチポンプ。

ただ楽しくやりたい。
それだけなのに。




・・・もし僕が著名な詩人だったら、もし有名なスポーツ選手だったなら
哲学でも美学でもこじつけて一定の評価があったかもしれない奇跡の駄文。

「あおによし」とくれば「奈良」と続くがごとく「おひさしぶり」を枕詞に
性懲りもなく、本当に性懲りもなくおひさしぶり。

ああ、またあいつか。の傑族構成最後の砦。DだAだの制作君参上。

まぁ、しばらくポストしないうちに色々なことが、本当に色々なことがありました。
「ゆく川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。」そんな渦中にありながら
冒頭の口上を平気で口にする狂った「価値観」。


いいな。いいな。にんげんっていいな。


そんな中、先日傑族にゆかりのある方々に久しぶりにお会いしました。
皆さん口々にこのブログについて言及してくださいます。
本当にありがとうございます。


ずっと表示されている「スポンサーサイト」・・・流石にいかんよね。
ちょっと反省。。。と思ってからもうすでに2週間が経過。。。


いいな。いいな。


失礼極まりないって言っときながら、またもコメント承認放置。。。


いいな。いいな。


(Shinさん、ほんとごめんなさい><)


さてさて、そんな僕が今回久しぶりに記事を書こうと思い立ったのは他でもない、
傑作なあいつら(つまり俺ら)の微かな動きをこの目で確認したから。
仄かながらもその熱を実際に肌で感じているから。


今日はおなじみ「あの人」をお迎えしてのフクシカン。
「目と目で集中(仮)」
「ヌルポン」
「『恋文』の本読み」
「エチュード」

たった3時間の蠢き。微かな閃き。でも確かな煌めき。


近いうちに皆さんにもご報告できると思います。
誰も見てないかもしれないけど、震えて待て。





・・・それだけかよ!って?

でんっでんっでんぐりがえして、云々。
  1. 2014/06/30(月) 02:01:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

僕から君へ

しんしん しんしん

雪の降る音を日本語では「しんしん」と表現したりする。
久しぶりの大雪を目の当たりにして久しぶりにこの音を聞いた気がする。

確かに死ぬほど寒いけど、久しぶりに予定のない土曜。
あまりできる経験でもないので、がっちり装備して街に繰り出しました。

顔に雪をたたきつけるフォバーという風の音。
チェーンを巻いたタイヤのギリギリギリギリという音。
雪かきをするゴガーゴガーという音。
お母さんと雪だるまをキャッキャキャッキャとはしゃぐ子供の声。

でもその背景にやむことなく聞こえる音。

しんしん しんしん。

数年前から東北の雪深い山奥の温泉で雪を見ながら
熱燗でもいただきたいなぁと思いながらなかなか実現できないので
出かけたついでに近場にある急ごしらえの露天風呂につかってきました。

満月の日より、ずーっと明るい空なのに。
都会の真ん中にある賑やかな温泉なのに。

ふと露天の湯船から見上げると、
葉っぱの落ちきった木の枝に雪が。

ぼわーっと明るい夜空に、純白の雪を乗せた真っ黒な枝。

しんしん しんしん

その想像を絶する寂寞のスナップに背筋がぞわり。


ごくありふれた景色も、その状況や背景や、BGMによって
こんなにも衝撃的な姿に変わるんだ。

冬木立。あえて名前をつけるだけのことはある。

しんしん しんしん

あ。そういえばShinさん、コメント遅くなりました。
年明けてしばらくしてから気づいて急いでコメントしたのに、
「承認待ち」みたいになって表示すらされていなかったんです。
ほんと、失礼極まりない。改めてお詫びを。ごめんなさい。

そしてその四ツ葉屋さんの公演の告知があります。

ご挨拶が遅れました。
最近するめの素晴らしさを実感しつつある傑族構成制作 加藤清司郎です。

家で缶ビールを飲むときのアテに、以前はカルパスとかポテチとか食べていたんですが、
それが、魚肉ソーセージになり、チーズになり、ウインナーになり、豚タン下のあぶり焼きになり、
まぁ、この辺まではいいにしても、焼き鳥になり、餃子になり、
おつまみセットとかいう揚げ物の詰め合わせになり、豚汁になり、
おにぎりになり、小さめのお弁当になり、パスタになり。。。

エスカレートして、やっと気づいたんです。
あ。これはアテではなくてご飯になってしまっている。と。

昔から乾き物ってあんまり好きじゃないんです。
だって、なんか乾いてるじゃないですか。乾きすぎ。
そう思ってするめとかイカソーメンとかを避けていたんですけど、
流石にちょっとよくないなとおもい、試しにするめを買ってみたんです。
そしたら、思いの外うまくてびっくり。今もいかげそ加えてカタカタしています。

そう。この12行は挨拶にとってつけた近況報告の説明だったんですね

というわけで、本題に入ります。


劇団四ッ葉屋第12回公演
 
『僕から君へ 』
vol12_top.jpg


作・演出:ササキエリコ
日 時:2014年03月29日(土) 18:00〜、
    2014年03月30日(日) 13:00~
会 場:新横浜スペース・オルタ
料 金:一般2,000円、前売り1,800円
出 演:守屋柔(傑族構成)佐々木絵梨子 根本健 ノダマリコ
    鈴木勝 Shin

チケットはこちら
btn_buyticket.gif

もしくは、劇団四ツ葉屋公式サイトで。

大変長らくお待たせしました。言わずと知れた傑族構成大看板 守屋柔が
ご懇意にしていただいている劇団四ツ葉屋さんの第12回公演に客演することになりました!

永い永い沈黙を破る久しぶりの告知。
みなさんこぞってご観覧のほど。

お酒のアテは「ご飯からスルメへ」
守屋柔の客演を「傑族構成から四ツ葉屋へ」
このブログの前置きとか全駄文を「Dから君へ」
四ツ葉屋さんの公演タイトルは「僕から君へ」

飛べ。
  1. 2014/02/09(日) 03:38:35|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

傑族くん

Author:傑族くん
社会人劇団 傑族構成です。
神奈川県の大磯町を中心に活動しています。再始動後初の公演に向けて役者やスタッフを募集しています!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (215)
社会人 劇団 (12)
稽古日記 (42)
広報/運営 (11)
公演レポート (4)
告知 (4)

参加希望/質問など

あなたも「傑族」となって、私たちと一緒に活動しませんか?傑族構成では役者やスタッフを募集しています。まずはお気軽にご連絡ください♪

お名前:
メール:
件名:
本文:

そろそろやるよ(はやくやれ)

傑族候補

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。