傑族構成・稽古場日記

神奈川県大磯町より発祥した社会人劇団「傑族構成」の活動を伝えるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

stance

suraim (2)

ん?
どろどろな、味?
って、よくみりゃ、「スー」っとした「ライム」、だと。

で、このガム。いつまでもプチプチ感が続く。持続。
なるほど、最近のガムは・・・
30分も・・・

あ、俺のアゴがブキブキ言ってただけでした、の守屋。

あ、芝居ね?バイシー。

先週末、超久々に連休がとれたので、
初舞台のキッカケを造ってくださった師匠。K氏(肖像権・嫁さんは著作権)の
「三島でバルしてアンドロメダ星雲をとりあえずみてみよう」
に、行って来た。

マジ、命の洗濯ボヨヨ~ン、って感じ。超チルしてきた。
また、小出しに出してくんで、アデュ。

Dの10年前のヤツは見るたびに声を出して笑うし、
ナツヲの小劇場に対しての客観的意見には強く賛成する。


言いたいのは、


ユニクロ店内にあるモデルが来てるポロシャツは、下にTシャツを着て重ね着で写しているので格好よく見える。 

だ。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/17(水) 13:55:47|
  2. 社会人 劇団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Next Stageへ。

ふと気付くと、近頃の平均就寝時間は午前6時。
よくよく考えてみると、夜に全く寝てないんです。
お肌の調子云々はおいておいて、体の調子がもうアレ。


でも大丈夫。波には乗れてる。
例え乗ってる板がビート板だったとしてもだ。ライドンタイムライドンタイム。
ってな感じで多忙な丸坊主 傑族構成 制作 D こと加藤清司郎です。
まじご機嫌いかがっすか。


えと、かねてから話していたKetsuTubeの編集が出来なかった件なんですけど、
実はMacのせいじゃありませんでした。。。
というわけで、やってやりましたよ。
実際に収録したときより1ヶ月ほどたっちゃってますが。


それではまずこちらのVTRをご覧ください。どうぞ!

傑族構成#008「書道構成」


傑族構成では、現在、稽古に参加していただける役者、スタッフを募集しています。
詳しくはホームページをご覧ください。

なお、ホームページへは当ブログの左下、リンク「傑族構成OfficialSite」よりアクセスできます。

  1. 2011/08/29(月) 06:22:23|
  2. 社会人 劇団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

突撃!隣の昼げいこ!

こんばんは。制作Dです。昨日に引き続き失礼をば。

というのも、今日は「しょんうが集中稽古」のレポートではありませんで。
お隣(?)の小田原を中心に活動されている四ッ葉屋さんの稽古にお邪魔してきました!

主宰の守屋は言ってもいろいろな劇団に関わってステージも踏んできたたたき上げの芝居人なんですが、
我らが俳優の柔は芝居を見てきて、兄貴の背中をずっと見続けてきたとはいえ、
他の劇団と深く関わることがあまりなかったわけで。
そして、制作の俺も主宰に言われるがまま(+気の向くまま)に動いていますが、劇団や制作というモノ自体を
あんまりよくわかっていないのです。

他の劇団さん達が裏でどのような活動をしているのかっていうのが何となく想像でしかわからないので、
稽古を見学させてもらうことで、色々なことを学び取りたいと興味津々なわけです。

ということで傑族構成企画公演「しょんべんでうがい」の一週間前、
2011年3月20日に公演を控えた四ッ葉屋さんの稽古を見学させていただきました♪

傑族構成と四ッ葉屋さんとのなれそめ(笑)について少しだけ触れますと、
我が劇団の主宰守屋剛が以前所属していた社会人劇団シャインズさんともともとつながりのある劇団さんで、
去年の終わり頃、傑族構成の再始動後間もなくして守屋が客演した「千葉音楽教室主宰 jet Galaxy Concert 2010」にて
四ッ葉屋さんの演出で代表(?)でもあるササキエリコさん(以下、絵梨々さん)とご一緒させていただいたのがきっかけで。
それ以降傑族構成を陰に日向に見守ってくださり、アドバイスなどもいただいている間柄の劇団さんです。
(詳細は過去ブログを読んで想像してください♪)
俺や柔も絵梨々さんには何度かお会いしていて、とても気さくで、親切にしてくれる方で、
今回の見学も絵梨々さんをはじめ劇団員の方々が快諾してくださったようで、非常にお世話になってる劇団さんなわけです。


さて、他の劇団員の皆様は初めてお会いしたわけですが、本当に気さくに接していただけて感謝感謝です。
まぁ良くも悪くも「劇団さんにん」のむさ苦しい自称傑族3人組が稽古に見に来るわけで。
劇団にとってみれば「舞台裏」でしょ?それをパーッと見せてくれるわけですから。。。

さてさて、他劇団の稽古なので内容は紹介できないのが残念なんですが、
とにかくみなさん稽古を楽しんでいるっていう感じで、雰囲気の良さがすごく印象に残りました。
今日は絵梨々さん他5人の劇団員の方が稽古に参加されていて、「仲間」を感じたんですよね。
僕ら傑族構成も当然「仲間」なんですけど、まだ3人ですからね。
劇団立ち上げる前から「仲間」でもありますから。そういう感覚は今の傑族とは良い意味で違ってました。
やっぱり、演劇を通して集まった「仲間」が芝居をつくり、劇団をさらに作っていく。
いやぁ、ちょっとうらやましく思いました。やっぱ「仲間」っていいですよね。「仲間」。

さすがに5行の間に6回もでてくると、「由紀恵」さんがちらつきますね。。。;

稽古は傑族構成のそれとは違う部分は当然あるんですが、皆さん芝居や四ッ葉屋さん自体が好きなんだなぁと。
やっぱり人間って好きなことやっているときが一番輝けるじゃないですか。
絵梨々さんもチャキチャキっと他の劇団員さん達をうまくコントロールされているようで、
さらに他の劇団員さんも協力しあってる感じがして。「劇団」という感じでした。
みなさんやっぱり芝居に対して楽しみながら真剣に向き合っている様子で。
いやはやとても勉強になりました。

絵梨々さんの粋な計らいで「劇団さんにん」の面々も少しだけ稽古に参加させていただきました♪
変な話俺らって別の空気じゃないですか。完全に外部なので。別の血というか。
それなのに、それをすっと受け入れてくれるみなさんの温かさというか心の広さに感服しつつ、
稽古に参加させてもらった瞬間にいつもと違う顔ですっと入っていける我らが主宰の順応性にも驚かされ。
こういう「つながり」ってすごく大事だなぁと改めて思いました。

俺もMr.ウラカタながら稽古に入れていただいて。
いや、全然うまくできないんですけどね。ほんとに。
でもそれをこう包み込んでくれるというか胸を貸してくれる感じに感激したり。
さすがに主宰と柔は(時間的に)不完全燃焼ながらも「らしさ」出してましたけどねぇ。
ふむふむ。やっぱこの二人・・・いいじゃないか!

しかし、他の劇団の稽古に見学させてもらって腹を抱えるどころか
呼吸困難になりそうなくらい息ができずに涙流して笑うようなことがあるとは全く思いもよらず(笑)
本当に楽しませていただき、勉強させていただきました。

「お邪魔とは思いますが、またいつか参加させてくださいね!」
って思わせちゃうそんな雰囲気自体もうすごいです。普通はなかなかそんな風に思えないですから。

最後に、四ッ葉屋の皆さんと記念撮影!(俺以外で!)

DSC00286.jpg

もう一枚っ!(俺以外で!)

DSC00287.jpg

ちょっとポーズを変えて!!!(俺以外で!)
つーかまだ会ったばかりで1人1人で話してもいないのに、このフレンドリーさ(笑)

DSC00288.jpg

さらに稽古中だというのに僕らがお先に失礼するタイミングで総出でお見送りまでしていただき。。。




お見送りしていただいた後、俺ら3人になって主宰がトイレに行っているのを待っているときに
ふと上を見上げると。。。








DSC00289.jpg

!!!!

「気をつけてね!」とか「また来てくださいっ」とか。。。
・・・何この人達!?;

なんでこんなに良くしてくれるの。。。;;


ほんと、機会があれば俺らの稽古場 also known as "馬場老人憩いの家"に来ていただきたいと。

最後になりましたが絵梨々さんはじめ劇団員の皆様。
公演を1ヶ月半を前に多忙な折、貴重な稽古の時間にお邪魔させていただき、
そしていろいろと勉強させていただき、さらにいろいろと良くしていただき、
本当にありがとうございました!!
まだまだ未熟な我々ですが、これからもよろしくよろしくお願いいたします。



しかーし!だがしかーし!!
公演となれば俺らも本気、負けませんよっ(ニヤリ)
規模も歴史も全然追いつきませんが、今日の見学させてもらった成果を含みつつ、良きライバルになれるように精進します!



ってな意味もこめて、改めて今後ともよろしくお願いします!

さてさて、ここでお知らせ。
先ほどもご紹介させていただきましたが、四ッ葉屋さんの次回公演のお知らせです。

--------------------------------------------
『4spoon's』
原案:悠公
作・演出 ササキエリコ
 
日時:2011年3月20日(日) 13:00/17:00開演
会場:神奈川県立青少年センター
出演:悠公・佐々木絵梨子・ノダマリコ・根本健

詳細は四ッ葉屋さん公式サイトにて!
--------------------------------------------
  1. 2011/02/07(月) 01:34:46|
  2. 社会人 劇団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

はじめの一歩(笑)

柔です。

「誰誕?」(00’BROKONG)よろしく、クリスマス目前
みなさま、いかがおすごしでしょーか??

さてさて、ホームページのトップになってる写真をもとに
Dさんにこしらえていただいた「団員募集」チラシ。
初、置かせていただけるお店、有り、であります!!

101220_0018_01_0001.jpg

国道1号線から伊勢原街道に入り、スグくらいの左側。
「smoky woo」
こ洒落た街の散髪屋さん。
カット専門店、であります。
なんとなんと、お値段1050円也。
大人も子供もみんなこのお値段。
しかも、店長さん、かなりのイケメン、男前。
まあ、たいてい帽子かぶってて、顔はあんまし見えないのですが。


本当は店長さんと並んで写真撮らせていただいて
うPしたかったのですが、恥ずかしいからヤダ!との事だったので
今回はお店のチラシだけで❤
このかわいらしいイラストが、そのままお店の看板になっているので
みなさま、よろしければごひいきに❤❤

いや、店長さん・・・
てか、竜さん。

本当にありがとうございます!!
別に店内中、「傑族チラシ」だらけにしてもよいですよ?
むしろ鏡見えないくらい。笑。

誰かの目に止まって、興味を持ってもらえるといいな~(>_<)

これからも、がっしがし(故 星野総帥)チラシばら撒いてみます。
みなさま、どこかで見かけた際には
「おっ、やってんな?」
ってニヤついてやってください。

興味を持って、稽古見学に来てくれるといいな~(>_<)

とゆーわけで、
劇団員、随時募集中!!
でした(>_<)

さ、風呂溜まったから入ろっと。
  1. 2010/12/23(木) 10:12:35|
  2. 社会人 劇団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アリババと40人の盗賊ー抱きしめ~たい~♪ー

傑族構成 制作サイド Dです。

日曜日は我らが主宰・守屋剛が客演した「アリババと40人の盗賊」がある、
「千葉音楽教室主宰 jet Galaxy Concert 2010」
を見てきました。

このコンサートは3部作で1部がソロの発表会?2部がセッション。そして3部に音楽劇として、
アリババと40人の盗賊がある、そんな感じでした。
だから、今まで見て来たような芝居とは大分毛色の違うものでした。
傑族構成の劇団員募集のチラシを折り込ませてもらいました(ありがとうございました♪)

まず、場所が良い。あ~すぷらざっていう本郷台の市民施設みたいなところなんですけど、
まわりにずらーっとマンション群が建ち並ぶなかにドカーンと近未来の建物がありまして。
その中のホールを使ってのコンサートでした。
あんなところで公演うてたらいいだろうなぁ。なんて妄想しつつ。
DSC09787.jpg

1部2部も結構良かったです。個人的には。
もちろん小学生の子達やプロでない人たちがほとんどだったみたいですけど、
あぁ、音楽って良いなぁ。楽器って良いなぁって改めて思いました。
みんな緊張してたけど、そんな雰囲気が逆にいい感じに。。。
俺も音楽教室に行きたいなぁって思った。。。またギターやるかぁ。。。とかw

さてさて、実際の音楽劇なんですけど、主役は当然アリババ。なわけですけど、
そういう意味でなく音楽教室の生徒さんたち(小学生~大学生?)が主役なんですよね。
彼らが楽しめて、父兄の方々が楽しめればとりあえず、公演としては成功なんだと思います。
ただ、ホンチャンの劇団・役者が出るからにはきっとその先がある。そんなこと考えながら見てました。

結果的にすげー楽しかった

そもそも結構強硬なスケジュールだったって話はちょいちょい聞いてたんですが、
しかも役者自体がまだよくわかっていない小学生のオトモダチがいたり、
積み上げて来たものがないわけじゃないですか。当たり前なんですけど。
クウキを重んじる傑族構成としては、その辺が気がかりだったんですけどね。

稽古風景も見学させてもらっていて、全体的な話の流れはわかってたんですが、
やっぱり、本番になるといろいろハプニングが起きるもんですね。
子供たちは台詞は飛んじゃうし、ハプニングもあるから、アドリブがどうしても必要で。
子供たちにそこまで求めるのはもちろん無理なので、役者さん達がフォローに回ることになります。

子供たちが出ている時のドタバタ感はそれはそれで微笑ましくて、ハナシの内容は別にしても
すごく楽しめるんですけど、その合間合間にそれぞれの役者さん達が見せる(魅せる?)、
その人「らしさ」ってのがおもしろい。これが演劇の現場の一番の楽しみかもしれないですね。
作られたストーリーに演出が色を付けて、さらにそれぞれの役者がさらに色を乗せていく。。。

DSC09878.jpg
我らが主宰も異色を放ちつつ、芝居に色を付けていましたねぇ。
なんというかもうほんと傑族色?「そうそう。こんな感じのこんな感じの!」って個人的には思ったなぁ。
もちろんベースのお話の色があり、スタッフさん達の色があった上で
シャインズさんの色があり、子供たちの色があり、
一見ドタバタな芝居の中にいろいろな要素があったなぁ。
子供はキラキラ、役者はギラギラ。そんな輝きに包まれてた?んー。まぁそんな感じがしました♪。

まぁ、見てるときは守屋の一挙手一投足にゲラゲラ笑ってばっかりでしたが(笑)

今回の試み自体、傑族構成っぽかったかと言うと多分全然違うんですが、
それでもそういう視点でいろいろ楽しめて、本当に良かったなぁと思いました。
  1. 2010/12/21(火) 03:23:01|
  2. 社会人 劇団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

傑族くん

Author:傑族くん
社会人劇団 傑族構成です。
神奈川県の大磯町を中心に活動しています。再始動後初の公演に向けて役者やスタッフを募集しています!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (215)
社会人 劇団 (12)
稽古日記 (42)
広報/運営 (11)
公演レポート (4)
告知 (4)

参加希望/質問など

あなたも「傑族」となって、私たちと一緒に活動しませんか?傑族構成では役者やスタッフを募集しています。まずはお気軽にご連絡ください♪

お名前:
メール:
件名:
本文:

そろそろやるよ(はやくやれ)

傑族候補

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。